土地の値段はいくらなのか?

 

  • 近所に学校やスーパー、病院はあるか?
  • 治安はよいか?
  • ご近所で問題がある人はいないか?
  • 夜は静かに過ごせるか?

 

など、土地の路線価からの算出だけでは、土地がいくらなのか?
正確にはわかりません。

 

そこで、「不動産屋さんて、査定依頼しようかな?」となりますが・・・

 

業者選びをミスすると、100万円単位で損をする恐れがあります!

 

@適当に1社選んで仲介の依頼をする

A売却活動が鈍い、担当者との意思疎通がうまくいかない

B買主さんが見つからない

 

※または見つかっても、交渉力がなく、安い値段で売却してしまう

C時間だけが経過する

D土地の価値がどんどん下がる

 

 

解決法は複数社へ査定依頼!

 

複数の不動産屋さんへ、査定依頼をして、一番査定額が高い業者へ・・・・

 

ではなく(汗)

 

  • 会社の実績
  • 担当者のコミュニケーション力
  • 人間性
  • 提案力
  • あなたが好きなタイプかどうか

 

を見極めましょう。

 

「え?最高値の提示業者がベストじゃないの?」

 

いえいえ、車の買取でしたら、業者が買取をしてくれるため問題ありません。

 

土地を購入する人は、”まだ見ぬ買主さん”で、業者は仲人さんのような役割です。

 

そのため、最高値の査定提示だとしても、その額で土地が売れるとは限りません。

 

※ただし、根拠がしっかりしている場合は最高値業者でもOK

 

不動産の一括査定なら60秒!

 

「でも、あちこち連絡するなんて、面倒だよね?」

 

そうした悩みを1分で解決する方法が一括査定サイトです。

 

複数業者に60秒入力で一括査定依頼

 

複数の業者に一括して土地の査定依頼することで、
競争原理を発生させます。

 

完全無料

 

相性の良い担当者も、一括査定!

 

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

 

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

 

※担当者、次第で運命が決まります。

 

 

イエイ

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】→https://sell.yeay.jp/

 

不動産の疑問&回答

 

土地の売買を考える女性

 

オンライン一括査定メリット・デメリット

 

所有している土地を売るときにはどのようなやり方をしたらいいのでしょう?

 

不動産に詳しい人でしたら慣れていても、一般の人は、まずはなにをしたらいいのかわかりません。

 

そんなときは自分の土地がどの程度の評価格なのか調べることからはじめるといいです。というのも一番はじめに不動産屋さんに話した場合、安く買いたたかれてしまうということにもなりかねません。

 

ですからある程度の知識をいれておくためにもまずはオンライン一括査定を利用するのもいいでしょう。オンライン一括査定をしたことで複数社の不動産やさんから問い合わせがくることになります。

 

いちいち自分で不動産屋さんを探さなくていいというのがメリットですが、デメリットもあります。

 

いろいろな問い合わせをくれた不動産屋さんが、自分の求めているところではないケースもあります。

 

また不動産屋さんが提示する価格は少し高めになっているので、実際の買い取りはそこから手数料などもろもろ取られるので、
はじめの段階でよく話を聞いた方がいいということになります。

 

便利ですが、説明が丁寧でないところもあるので、ご自身がしっかりと売値を決めておくことが必要です。ただオンラインが利用できるようになって土地の売買のスピードがあがったのは事実です。

 

 

必要な書類一覧を解説!

 

不動産である土地を売却する際には必要な書類がいくつかありますが、それぞれ準備が必要となるもののあります。

 

紛失してしまっていたり、取得に時間を必要とするものなどもありますので、事前にどんな書類が必要となるのか、取得のしかたなどを知っておくと、土地売却の手続きもスムーズに運びます。

 

 

土地の売買では、買主が物件選択をするにあたってその物件についての知りたい情報をなるべく開示することが短期間での成約に繋がるポイントです。

 

このことを意識して、必要に応じて情報提供できるようにしておくことも大切です。

 

不動産会社へ土地売却を依頼する際に必要となる書類は、

 

売主本人確認のための

 

  • 身分証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住民票(これらは共有者全員のもの、3ヶ月以内のもの)
  • 登記済権利書(もしくは登記識別情報)
  • 固定資産税納税通知書
  • 固定資産税評価証明書(税額確認のため)
  • 土地測量図
  • 境界確認書(売却範囲確認)
  • 売買契約書
  • 重要事項説明書

 

など
土地をローンを組んで購入した場合には、ローン残高証明書(もしくはローン返済予定表)も必要になります。

 

もし以前のパンフレットや広告資料も所有していれば、提示すると買主にはよい情報提供となるでしょう。

 

専属専任媒介(専任媒介)と一般媒介の違い

 

不動産売却を行うときには業者に仲介を依頼するのが一般的ですが、その際の契約方法として業者側からは専属専任媒介契約を勧められる傾向があります。

 

しかし、一般媒介契約を選んで不動産売却をすることもできるので違いを理解して選ぶことが必要です。

 

専属専任媒介契約はその業者に専属になって仲介を行ってもらうための契約です。

 

これを選んだ場合にはその業者にだけ仲介を依頼することができるのが原則であり、直接契約で不動産売却をすることもできなくなります。

 

これに対して一般媒介契約ではいくつの業者とでも契約を結んで仲介をしてもらうことが可能です。自分で買ってくれる人を見つけたら業者を通さずに売買を行うこともできます。

 

業者としては専属専任媒介契約にすれば自社だけが仲介を行えるので仲介手数料を確実に獲得することができるメリットがあります。

 

しかし、その代わりに忠実に専属の業者として販売活動を行わなければなりません。

 

レインズへの登録を契約締結から五日以内に行い、一週間に一度は少なくとも販売状況を報告することが義務付けられます。

 

これによって確かに物件を流通させていることに対して納得できる仕組みになっているのが専属専任媒介契約の特徴です。

 

一般媒介契約の場合にはこのような義務はありません。

 

 

住宅ローン返済中だと、家は売却できる?

 

住宅ローン返済中であっても、家を売却することはできるものです。

 

ですがローン返済中の家でも、売ってしまうことによって自分が新しく住む家がなくなってしまうことがほとんどなので、
売却するのと同時に自分の新しい住まいも見つけるケースが多いです。

 

けれど売却した家の購入者が見つからないとお金も入ってこないので、売却する家のローンと新しい住まいに払う家賃、ローンとで二重ローンを抱えてしまうようなことにも成り兼ねません。

 

ですからできないことも多いですし、住宅ローン返済中で家を売却するような時は充分に貯金を蓄えてからにすると良いです。

 

査定をしてもらって、思っていたよりも高い価値があるということが分かったとしても、すぐに売れないということも多いですし、

 

売れないことで値がどんどん下がってしまって価値があまりなくなるということもあります。

 

ですからどうしても売却しなければいけないような時でも安易に売却はしないようにしましょう。

 

返済がもうすぐ終了するような時であれば良いですが、まだまだ長い年月がかかりそうな時であれば生活に困らないようにしてから売るようにしても良いでしょう。

 

そうすることによって売ってしまった後で後悔しないようにもなるでしょう。

 

大手 VS 中小どっちの不動産屋を選べばいい?

 

土地を売却しようとするときに、大手の不動産屋と中小規模の不動産屋のどっちで売却を行えばいいのか考えたことはないでしょうか。土地を売る際に大手と中小では何がどのように違うのかを知っておくことにより、どっちを選べばいいかを考える材料になります。

 

まず、大手の不動産屋を選ぶメリットとして、多くの土地についての情報を持っているので、売却する価格を適切に判断してもらうことができることが挙げられます。都会や地方の差が少なく、売却もスムーズに行うことができます。これに対して、中小規模の不動産屋の場合、地域についての情報を多く持っているので、場合によっては大手が提示する適正価格よりも高い金額で土地を売却することができることがあります。そして、話をする時に、丁寧に話を進めてくれるというメリットもあります。

 

このように、大手の不動産屋も中小規模の不動産屋もどちらにもそれぞれのメリットがあります。自分が信頼している不動産会社がある場合には、そこで売却すればよいのですが、そのような不動産屋がない場合には、大手と中小の両方に足を運び、どっちの不動産会社がより信頼できるかを確認してから、選ぶようにすると安心して土地を売却することが出来るようになります。

 

 

田舎の土地は放置すると、不法投棄が多くなるの?

 

相続などで田舎の土地を手に入れた時は、どう管理していくかという問題が出てきます。需要が無ければ貸し出すことも難しく、家を建てるなどの理由が無ければ使い道も無くなってしまいます。そうなると売却することも難しいため、保有するしかなくなってしまうこともあるのです。
そうなると管理する問題が生じてしまうのですが、土地はそのまま放置しても大丈夫だと思っている人が多くいます。ですが田舎の土地は放置していると、不法投棄が多くなってしまうという問題があります。なぜなら周囲に住宅や商店が少ないことから人目につくことが少ないため不法投棄しやすいという理由があるからです。特に夜間にもなると街灯なども少ない場所でしたらより人に見られる可能性が無くなるため、不法投棄のリスクが高まってしまいます。そのまま放置されることで捨てても大丈夫な場所という認識が広がってしまい、さらに不法投棄が多くなってしまうこともあるため、できるだけ放置することは避けなければなりません。定期的に土地の状態を確認し、不法投棄が確認された時は警察に通報することでパトロールを増やすなど対策をしてくれるようになります。さらに立て看板などで注意喚起をすることで、対策をすることもできます。

 

 

 

不動産屋とのトラブル@土地の売買でよくあるトラブルとは?

 

不動産屋の取引で土地の売買でよくあるトラブルで価格に関する問題があります。不動産屋は、よく実勢価格という言葉を出します。実勢価格とは、実際に土地の売買をする際に用いられる、過去の制約事例をもとに算出される価格です。

 

土地の公的に示す標準価格には次のようなものがあります。公示価格、路線価(主に相続で使われます)固定資産課税評価価格の3つです。もちろん価格は各々異なって出てきますので混乱のもとになります。

 

条件の近い土地の取引の事例を、最近のものから抽出すると、その売買価格は一定の範囲内に納まります。この価格帯こそ不動産屋が言うところの実勢価格になります。

 

地域によっては、同じような事例が少なく十分な情報をもとにして算定していないケースもあります。こんな時、土地を売りたい人と不動産屋で価格に関する不満やトラブルが発生します。

 

土地の実際の取引は、売主と買主が合意しないと売買自体が成立しません。実際の売買価格は、実勢価格を参考にして決められます。売り出し価格とはこのことをさします。

 

あまりにも売り出し価格が公的な価格とかけ離れており、買主がすぐに名乗りを上げるケースや不動産屋自体が買い取る場合に価格のトラブルが発生する可能性があります。

 

他の業者が出す売り出し価格を検討してみることも売り主には賢明なやり方といえます。

 

 

不動産を「売る」か「貸す」か?どっちがお得なの?

 

不動産を売る場合には不動産という資産を完全に売却するため売却代金を得られますが、
その反面完全に売却することで資産を失ってしまったり不動産が古い場合や汚れている場合には必要に応じて修繕費やクリーニング代などが掛かってしまいます。

 

売るメリットは売却代金を得られることで、完全に売却するので管理などの手間や出費が不要になる事です。

 

不動産を貸す場合には賃料や敷金や礼金などの他に更新料などが得られますが、固定資産税や管理費などが必要になります。

 

貸す場合のメリットは不動産を所有し続けながら継続して賃料や礼金や更新料などを得られることです。

 

しかし貸す場合には固定資産税や管理費や修繕費が必要になったり、管理などにも手間が掛かるというデメリットもあります。

 

売る場合と貸す場合でどっちがお得なのかについては、立地が大きく影響しています。

 

地方では出入りが少なく売る場合の方がお得な場合が多く、
首都圏や大都市などでは出入りが多く貸す場合の方がお得な場合が多いです。

 

マンションやアパートの場合には空室が出てしまうと収入を得ることができなくなってしまうため、貸す場合には首都圏や大都市などの出入りが激しい立地の方がお得です。